錦糸町駅前クリニック

NMN

アンチエイジングスーペリア(NMN配合)

サーチュイン遺伝子

サーチュイン遺伝子という名前を聞いたことはありませんか?別名「長寿遺伝子」とよばれており、寿命を延ばす働きがあるたんぱく質を活性化させる遺伝子です。
人間は活性酸素や免疫の暴走などによって、生きているだけで常に100種類以上の老化の原因を抱えているといわれています。これらを掃除する役割を果たしているのが「サーチュイン遺伝子」です。
サーチュイン遺伝子は昆虫や哺乳類など生物全てが持っている遺伝子で、常時活性化させることができれば寿命が20~30%程度伸びるとされています。この活性化率を人間に換算すると、寿命が100歳以上に延びることになるのだそうです。

本当に寿命が延びるの?

サーチュイン遺伝子は、長寿遺伝子または長生き遺伝子、抗老化遺伝子とも呼ばれ、その活性化により生物の寿命が延びるとされる遺伝子群です。サーチュイン遺伝子の活性化により合成されるタンパク質「サーチュイン」はNAD 依存性に様々なタンパクの修飾を行う酵素の総称です。その本体はヒストン脱アセチル化酵素であるため、ヒストンとDNAの結合に作用し、遺伝的な調節を行うことで寿命を延ばすと考えられています。ヒトを含む哺乳類では 7種類 が見つかっており、SIRT1~7と命名されています。
現在のところ、サーチュイン遺伝子による寿命延長効果は酵母、線虫、ショウジョウバエで報告されていますけれど、これらの実験結果を否定する報告もあり、人類を含む哺乳類での有用性はまだ確定したとは言えません。

サ―チュイン遺伝子を利用した病気治療

サーチュイン遺伝子の若返り効果は、男性特有の加齢による疾患にも効果が期待できます。米国の科学誌「Science」にアメリカにあるウィスコンシン大学のトーマス・A・プルラ博士の行った、アカゲザルの実験結果が掲載されました。それによるとED(勃起不全)や薄毛などの症状が、サーチュイン遺伝子を活性化することで改善傾向を示すことが分かったのだそうです。

男性は加齢すると生殖機能に問題を抱えることが多く、この実験はEDの治療に役立つのではないかと言われています。また薄毛に関してもNMNによってサーチュイン遺伝子を活性化させれば治療効果がある可能性が示唆されています。

NMNの働きかけによってサーチュイン遺伝子が活発になり、遺伝子損傷や細胞を修復することも明らかとなっています。またサーチュイン遺伝子の活性化によって、加齢とともに発生する難聴を予防する効果もあるといわれているのです。

2013年、慶応大学の伊藤裕教授らのグループが、サーチュイン遺伝子の働きを高めると、糖尿病性腎症の発症を防ぐことを証明しました。NMNが糖尿病の治療薬たりえることを示唆する結果です。
それからのちに、このNMNは糖尿病に限らずさまざまな臓器や眼、さらには脳などの老化に伴う症状を改善すると判明しました。

NMNとサーチュイン遺伝子の関係

NMNによってNADが増加し、これによってサーチュイン遺伝子が活性化されます。サーチュイン遺伝子が活性化すると、エイジングの原因に細胞レベルで働きかけることができます。特に皮膚細胞のターンオーバーを整えて、しわやたるみなどの肌トラブルに効果があるといわれています。

米ハーバード大学の実験では、生後22カ月のマウス(人間の60歳相当)に1週間NMNを与えた結果、筋肉細胞の働きが生後6カ月(人間の20歳相当)までよみがえったという結果が得られています。
60歳の細胞が20歳に若返った訳ですから、まさに私たちが思い描いている夢を現実にしてくれる”救世主”と言っても過言ではありません。

サーチュイン遺伝子の活性化が肌年齢を改善させることは過去にウィスコンシン大学のリチャード・ウェインドルック博士の率いるチームの実験によって証明されています。このチームは20年ほど飼育されているサルの集団の比較実験をしました。人間でいう70歳に相当するサルを、片方のグループは満腹まで餌を与え、もう片方は30%減らした餌を与えたのだそうです。
その結果、餌が30%減らされたサルのほうが、肌ツヤがよく若々しいことが分かりました。餌を減らすことによる健康被害は認められず、まさに若返りの効果だけがサーチュイン遺伝子によって生み出されたという実験結果が得られたのです。

マウスの実験でも、NMNを投与したマウスは細胞レベルで若返ったという実験結果がられています。このことを総合して考えるとNMNがサーチュイン遺伝子に働きかけることによって、マウスもサルも若返ることができたと考えるのが自然でしょう。女性の悩みでもある肌のエイジングをNMNによってケアすることができるようです。

普段は眠っているサーチュイン遺伝子

健康な身体で平常時、サーチュイン遺伝子は休眠状態です。赤ワインなどに含まれるポリフェノールの一種レスベラトロールによって活性化されるといわれています。これと同じように、飢餓やカロリー制限時に体内で増えるNADという物質もサーチュイン遺伝子に働きかけ、活性化させることができます。このNADの原料となるのがビタミンB3(ナイアシン)であり、ビタミンB3がNMNに変化することでNADを作るのです。

NMNが減少すればNADも減少し、このことによってサーチュイン遺伝子が活性化されないため老化が進むといわれています。そこでNMNを摂取することで、サーチュイン遺伝子を活性化させるために必要なNADが体内で増加させることができると考えられています。
つまり、サーチュイン遺伝子を叩き起こすNADを量産するために、NMNの摂取が効くのです。

まとめ

この4、5年で、老化や寿命のシステムの解明に非常に大きな進歩がありました。どういう機能が、老化によって低下するのかわかってきたのです。その文脈の中でサーチュイン遺伝子が健康寿命を延長するという可能性、NMNの投与がサーチュイン遺伝子を活性化させ、全身の機能を保持し高めるのに効果があるという知見が積み重なっています。

NMNとサーチュイン遺伝子は現在、「若返りに至る夢の薬」としてさまざまな分野で注目を浴びています。